ともだち

2010.3.1

 

去年の夏に我が家にやってきた「ともだち」という本。

子供向けなのかもしれないけど、大人の私たちにも忘れかけている大事なものが書かれています。

 

~・・・(略)

ともだちって みんなが いっちゃったあとも まっててくれるひと。

ともだちって そばにいないときも いま どうしてるかなって おもいだすひと。

ともだちなら いやがることを するのは よそう。

~・・・(略) 

じぶんの いいたいことは はっきり いおう。あいての いうことは よくきこう。

おかあさんや おとうさんや せんせいに いいつけるのは ずるいんじゃないかな。

なかなおりするには けんかするのと おなじくらい ゆうきが いる。

だけど わるかったと おもったら「ごめんね。」と あやまろう。

~・・・(略) (谷川俊太郎・文  和田誠・絵) 

 

日々、人と関わりながら生活する中で、大切なものはたくさんあります。

忘れちゃいけないこと。大事なこと。

周囲の人の協力なくして、今の自分はいない気がする・・・。

小学生の頃、クラスのコトバとして毎日言っていたことがあります。

 

「ひとりは みんなのために。みんなは ひとりの ために」  

 

これは、ずっとずっと大事なことですね。