こころの器(うつわ)

2010.6.6

 

自分にとって初めての出来事に対して、どう対応したらいいのか、どう考えて、何を伝えたらいのか・・・悩むことがあります。

子供のことや、人との問題は、特にそう。

 

でも、時間が経つと、自分のやり方がどうだったのかとか、今後、どうしたらいいのかとかが、客観的に一歩引いて見れるようになる気がします。

ほんの少しだけど、そう感じます。

「こころの器」が少しずつ・・・大きくなってきているのでしょうか。

何かがあっても、「・・・これくらいは、大丈夫」と思える部分がでてきています。

「いい加減」・・・になってきているのかもしれません。

・・・深く考えすぎ&悩みすぎちゃう性質なので、「良い(いい)加減」に、流せるようになることが、私には必要な気がします。。。

 

でも、「こころの器」が大きくなったかどうかなんて

すごく時間が経ったあとか、客観的に見なきゃわからないことかも。

 

何事も経験って、大事ですね。