やっぱり・・・

2010.11.7

 

やっぱり絵を描いている時間は「無」になれる。

夢中になれる時間です。

 

絵を描くと言っても、画面とのキャッチボールなので、眺めているだけの時も多い。

眺めていると画面に必要な色や線を感じ

それを感じた時には、色や線をのせてみると、また違った答えが返ってくる。

 

その繰り返し。

 

黙って見ていても「いい感じ」には、変わらないし

何かアプローチすると何らかしらの方向性が見えてきます。

オモシロイです。自分の好きな方向に見えてくる場合と、意外に良くなかったり・・・も

アプローチしてこそわかること。

焦らず、ゆっくり・・・画面とキャッチボール。

 

そんな感じです。