雛まつり

2011.3.3

 

今日は、雛まつり。

 

娘がいれば、雛人形を飾ったり華やかにしていたんじゃないかなぁ。。。

毎年ささやかに息子たちが作った雛人形を飾って終わる。

 

実家にいたときには、母が雛人形を飾りつけ、当日までじっくり目で見て楽しんだもの。

でも、当日の夜には、さっさと片付けていた母。

「3月3日を過ぎて雛人形を飾っていては、お嫁に行くのが遅くなる」という

言い伝え(?)があるらしく(熊本だけ?母だけ?)、あっという間に片付けていた母でした。

 

きっと私に娘がいたら、同じことをしたのでしょうね。

 

お嫁に行くのが遅くなってほしくない・・・とか、そういうことではなく

なんだかんだで、母がしてくれていたことは、どこか知らず知らず似てしまうものです。

 

他にどんなところが似てるのかなぁ。