初めての絵の具

2011.6.24

 

授業参観でのこと。

先生が子供たちに絵の具の使い方を教えている姿を見て

自分が初めて絵の具を使った頃のことを思い出しました。

 

絵の具の出し方、パレットの使い方、筆の使い方、筆の洗い方。。。

筆に絵の具をつけた時、パサパサしていたら、水をちょっとだけつけること・・・などなど。

 

私には、今では使いなれた絵の具。

何事も慣れた頃には、初めて感じた気持ちを忘れがち。

 

子供たちが一色ずつパレットに絵の具を出し、慎重に筆で絵の具に触れる姿は

すごく初々しく、楽しげでした。

 

初めての時には、いろいろな気持ちがついてくるもの。

周囲の様子をうかがいながら、自分の絵を仕上げる子もいれば

初めっから周囲を気にせず、画面いっぱいに筆を動かす子もいる。

お友達と相談しながら、作業を進める子も。

 

進む過程は、人それぞれ。やり方はいろいろ。

 

失敗なんてないと思う。

やってみることで、何かを感じ、気付くことが大事なんじゃないかな。。