あの頃

2011.7.15

 

ある日の夕方。

帰り道に小学校に立ち寄ったところ

グランドいっぱいにサッカーの練習をしている声が響きわたっていました。

 

日も暮れかかる空には、彼らの声が響き渡り

学生の頃の部活動を思い出しました。

 

バレー部で頑張っていたあの頃。

その空間の中にいること自体に夢中になっていたように思う。

先輩と後輩の関係や(結構、めんどくさい縦社会)

バレーの楽しみを知ったものの、なかなか上手にならず

休みの度に、父とトスの練習やサーブの練習をしたりしたものです。

 

何かに夢中になっていると、その時渦中にいる自分には見えないことがたくさんあります。

だけどその時間は、あとになって代えがたいものを残してくれた気がします。

 

あの頃の自分だからこそ、夢中になれ、真剣に我武者羅に向き合っていたように思う。

 

「あの頃」は、私にとって大切な宝物です。