BACON展

2013.4.6

 

天気が崩れる前に、国立近代美術館へ足を運び「フランシス・ベーコン展」を見てきた。

溶けるような画面。 ベーコン独特の画風と題材の作品。

やはり、生の作品は違います。

抵抗感があって、見ていて圧倒されます。

 

一人で絵を眺めながら歩いている時間は、いろいろなことが頭の中を駆け抜けました。

目の前の作品に見入りながらも、合間に自分の作品のことや、これからのことを考えつつ時間を過ごしました。

 

今を生きている「証」

私が私である「証」・・・

「私のあしあと」として、残っている作品達。。。

今の私から生まれるもの。

 

毎日が貴重な時間だと、改めて感じる。

「今」できることから、やっていこう。今を生きている「証」として。