いろんな「おかげ」

5.30


次男の運動会のために、熊本から父が上京していて

「せっかくだけん、どっか見るところはなかか?」

との父からの話から、近場にあるのに、一度も行ったことのなかった相田みつお展に

行ってきました。

そう、いつも横目で見ていたのに、やっと行けることになったのも父の「おかげ」。


私は、いつも思う。

今の自分がここにいるのは、生んでくれた両親の「おかげ」でもあり、これまでに関わったたくさんの方々の「おかげ」。

本当に、充実した40年を過ごせているのは、私を囲むたくさんの方々の「おかげ」なんです。


だから、日々、辛いことや、腹の底から笑えることや、泣けてくるようないろいろんな出来事も、自分の人生のスパイスであって、そのスパイスがあっての、今の自分&人生だと思っています。

(もちろん、辛いことや嫌な出来事は嫌ですよ・・・)


父が上京した「おかげ」で足を運んだこの展覧会では、心に響くたくさんの言葉が書かれていました。

きっと、読む人のその時の心情で、言葉を感じる意味が違うと思う。

だけど、今の私に染み入る言葉がたくさんあり、とてもいい時間を過ごすことができました。


いつもの毎日、たくさんの方々の「おかげ」で成り立っている。

そう。みなさんの「おかげ」。

私は、そんな皆さんの力に少しでもなれるといいな。。