一歩一歩の成長


今年に入って、少年消防団に入っている次男は、毎月いろいろな活動に参加し、経験を積んでいます。

今月は、自衛隊の船で、帰宅困難者搬送訓練として乗船。

自衛隊の船・・・と聞いてはいたが、想像していた船よりもはるかに大きな大きな船の船主側に次男が乗っており、すごくたくましく感じました。


毎月1回、その日の朝になると消防団の制服に着替え、出発する次男。帰宅すると、その日の訓練で学んだことを話してくれます。その自信に満ちた話しっぷりは、とても誇らしげ。


先日は、AEDの使い方をマスターし、練習用キッドを持ち帰ってきて実演してくれました。


気分の波が激しく、手に負えないことも多い次男ですが、一つ一つの経験で、少しずつ心と体が大きく成長しているのを感じます。家庭内だけではできない社会とのつながりからの経験が、彼らを大きくしてくれていることをしみじみ感じます。


一つ一つ、今しかできないことに触れてもらいたいと思います。