若冲展

5.8

 

あまりにも毎日毎日休む時間もなく、気持ちに風が通る「ゆとり」がないのを感じ

知人おススメの「若冲展」に足を運んできた。

早めに家を出たのにも関わらず、すでに長蛇の列。140分待ちだった。

・・・日曜日だしね。。。

でも、せっかく来たから・・・と私は、その列に並び、子供たちは、近くの博物館で恐竜博を見に行き、時間になったときに彼らを呼んで一緒に入った。

 

140分待って入ったかいがあった。とても素敵な作品だった。

もちろん、あまりの人で、じっくりゆっくりは見れなかったけれど、久しぶりにドキッとする作品を見た感じ。若冲の作品は前にも見たことはあるが、なんだか今回見た作品は、見る「自分」の状況や気持ちも変わっているのか、なんだかとても満足する時間となりました。

 

今の私の状況は、いろいろなことが不安で感情が点々に飛び散っているような感じになっていたけど、今回の作品を見ていたら、向くべき方向に改めて光がさし込まれた気がした。

それは、新しいことではなく、今までやってきたこと。

継続させていくこと。

不安がらず、地に足をつけて、一歩一歩やっていくこと。

それを感じた時間でした。

 

つかの間の時間。見に行って良かった。