伝えることの勇気

7.20

 

ここ最近改めて思うのが、知ったかぶりはよくないってこと。

知らないこと、知らなかったことを伝えることって言いにくい。内容によっては、この歳になって「知らない」ことが恥ずかしいこともある。

でも、私の場合、この歳なのに、むしろ、知らないことの方が多かったりする。

子供と話していても、同じ。

関わる人たちは、「これくらい、知ってるだろう」というところから、接してきたりする。そういう雰囲気がプンプン感じる中でも・・・もしかすると相手をがっかりさせるかもしれないけど・・・「知らない」ことや「わからない」をことを伝えることも大切。

知らないことを隠すために、憶測で話される場合もある。それは、「知らない」を伝えたあとで「憶測、想像」を話すのとは、わけが違うと思う。

*きっと「知らない」ことを隠してるんだと思ってしまう。

 

お互いに気持ちよくかかわるために、大切なことの一つ。

 

知らないことを知り、知っていることも知らせることが大切。

わからないことを伝え、わからないことも知って、接するということの大切さ。

 

わからないことを「わからない」と伝えずに進めると、やはり「ゴール」が見えず、どこに向かって進んでいるのかが、わからず、路頭に迷うことになったりするもの。

 

うん。。。やはり。伝えなきゃいけない。

 

「わからないから、教えてください」って。

 

きっと、少しずつ前に進めるはずだ。

 

うちの夏野菜の「ナス」

今は4センチくらいですが、実をつけました。

待っていれば、気にかけていれば、きちんと育つんですね。

焦らず・・・あせららず・・・がなんでも大切なのかもしれません。