感慨深い日

8.4

 

今日は、親戚のおばさんの告別式に参列してきました。

みんなに親しまれていた方で、集まった方々の言葉からは、おばさんの深い人徳を感じました。人が好きでいつも周りの方々のことを気にかけていたおばさん。

今日の告別式は、その人柄を改めて感じさせられた時間でした。

今日のこの日参加できたことは、私にとってすごく意味のあることでした。

もちろん、告別式という形ではなく、元気なおばさんに会える方が良かったのはもちろんですが・・・

これをきっかけに、たくさんの親戚の方々に再会し、顔を見て挨拶をし

近況を聞くというこの場さえも、おばさんが作ってくれた時間のように思いました。

自分一人では、生きていないこと。自分の周りに人がいて、気にかけ、気にかけてもらって、支えあいながら今があること・・・などなどを深々と感じました。

 

再開した親戚の方々は、会わない間にそれぞれの新たな人生が始まっていましたが、生きていること、元気でいること、「今」を生きていることが素敵だと感じました。

 

昨年の今日の早朝。事故にあった私は、今日で1年が経ちました。

命の尊さ

命のありがたみ

人の温かい気持ちは、何よりも元気になれる特効薬だということ。

それを感じながら過ごした1年。

 

おばさんが周囲に与えていた「気持ち、想い」の温かみを感じ、今いる自分のことと重ね合わせ

感慨深い1日となりました。

 

おばさん、ありがとう