ほっこり

6.2

早いものでもう6月です。

5月は、新しく始まった生活とともに、その生活の波に乗れるように様子をみつつ、その波を楽しめるよう・・・自分なりにやりくりしながら慌ただしく過ごしていました。

いつも慌ただしい私の生活に、ふと「ほっこり」させられる文字を発見。

 

「それは、おさななじみのような 菓子でした」

 

知り合いにいただいたお菓子の箱に書かれていた言葉です。

 

なんでしょう・・・。なんともキュンときちゃう表現。フレーズ。ほっこりしちゃいます。

 

慌ただしいと、気持ちも乱れがちですが、そんな時に「ほっこり」させられるものに出会うと

ドキッとします。見つけた瞬間、手がとまりました。

なんか・・・いい~。

 

先週は、特に冷たく心無い言葉をあびて気持ちがシュンとなっていたので

ほっこりする言葉に癒された瞬間でした。

 

芋けんぴに感謝